クラフトビールが
はじめての方へ

  • クラフトビールって、
    なに?

    クラフトビールの醍醐味といえば、ブルワリーごとに光る個性。小さな醸造所がつくるからこそ、装置や製法に工夫したり、地元の食材を副原料に加たり…。飲んで「わぁ!こんな味もあったんだ」と新鮮なよろこびを感じられるのがクラフトビールの楽しさです。日本全国にたくさんのブルワリーとクラフトビールがありますが、「高知カンパーニュブルワリー」は、高知らしさにこだわりながら、ビール好きもそうでない人も一緒に楽しめるおいしさを目指しています。

  • あのビールと
    このビールの違い。

    大手企業がつくるビールの多くは「ラガー」と呼ばれる種類で、低温で発酵が進んでいくため雑菌が繁殖がしにくく、大量生産向きであることが特徴です。しかし、ラガーには特有のニガさがあり「ビールは苦手…」という方も少なくありません。一方、クラフトビールは、常温~高温で発酵が進んでいく「エール」と呼ばれる種類が主流。うま味や甘み、香ばしさなど深い味わいが楽しめ、「クラフトビールを飲んでビールが好きになった」という人も多いです。

  • IPA? ペール?
    奥深しエールの世界。

    クラフトビールのラベルに書かれてる「ペールエール」や「IPA」といった言葉。これはエールのなかからさらに細分化されたスタイルの名前で、原材料や副原料、アルコール度数、色合いなどさまざまな条件で分類されます。その数はなんと100種以上!

    【エールの代表的なスタイル】

    ペールエールエールの定番スタイル。
    華やかな香りとほどよい苦味が特徴
    IPAホップを多く使って主張のある香りと苦味に。
    アルコール度数は高め
    ホワイトエール小麦麦芽とコリアンダーを使用。
    すっきりとした香りと酸味がマッチ